【マツダ デミオ査定・買取】業者徹底比較サイト!
最終更新日:2016/08/28

デミオ買取

【車査定業者比較ガイド】デミオを高く売るために見るサイト!!

このサイトは「デミオをできるだけ高く売りたい!」という人向けに、
査定業者や数分の手までできる愛車を高く売るコツを紹介しているサイトです。

車の乗り換えなどで愛車をディーラーで下取り見積もり査定してくれたのはいいけどびっくりするほど安い!!もう少し高く売れるとこはないのか?など思う人のために数分の手間でかなり安い下取りディーラーより最高で数十万円も高く売れるコツと管理人がおすすめする車査定業者を体験談と一緒に紹介します!

また、車査定業者によっては、ファミリータイプが得意な業者とコンパクトカーが不得意な業者などがあるので、有名なガリバーだから高いとかアップルだからいいということではないので、しっかりとこのサイトを見ることで一番高く愛車を売却することができるようになります。

管理人がおすすめする高く査定額を出させる車査定業者の使い方

管理人が乗り換えの時にやってみた愛車を1番高く査定してくれる査定業者を見つける方法は、車査定業者からできるだけ多くの査定見積りをもらうことで査定金額を複数比較できるので高く売ることができます。

複数の車査定業者から多くの見積りをもらうとなると、1社1社に行って査定見積もりを出してもらうと最短でも1時間はかかってしまうため、せっかくの休日の時間を使ってしまうのおすすめはできない方法です。

そしてらどうすれば手っ取り早く見積もりを複数もらうというと、車の査定を複数の査定業者に一括で見積もり依頼できるサイトがあります!簡単に言うと愛車の走行距離などの情報を伝えて、複数の業者から一度に見積もりを数分でもらうことができるサイトです。

車の一括査定をしているサイトのほとんどがが最大で10社までの査定見積り依頼ができて、住んでいる地域によっては1~2社などの場合もありますが、一度に複数の査定業者から見積りをもらうことができるかなり便利なサービスです。住んでいる地域とありますが、見積もりの連絡が来て、実際に買取依頼しても車を取りいけないという理由から依頼者の住んでいる地域にある査定業者のみから連絡が来るため、お住まいの地域にない車査定業者からは見積り連絡はきません。

一括査定サイトはさまざまあるのですが、サイトによって参加している車査定業者が違うので、一つの一括査定サイトに見積り依頼しても一番高い査定見積金額をもらうことができません。また、業者によっても得意・不得意があるので、最低でも2つの一括査定サイトに見積もり依頼するのが本当に一番高い買取業者を見つけることができるので、管理人のおすすめの査定見積もり比較方法です。

かんたん車査定ガイド ズバット車買取比較


私が乗り換えの時に査定依頼したサイトは、かんたん車査定ガイドズバット車買取比較サイトで、見積金額の連絡が来たのは合計で6社で、私の住んでいる地域は地方の田舎なので少ないですが、東京とか大阪などは12社くらいは十分に見積もり連絡が来る思います。

この2つの一括サイトに依頼したかというと、国道沿いなどによくある大手のガリバーやカーセブンはどちらのサイトにも参加してますが、近所にあるラビットはかんたん車査定ガイドに参加していなく、ズバット車買取比較サイトには参加していたので、確実に高く売りたかったので2つのサイトで見積もり依頼をしました。

私の愛車はマツダ デミオ13C 2007年式で、実際の見積金額は、一括査定の前にマツダではないですがディーラーで試乗体験があったので、そのついでに査定してもらった結果5万円で、一括査定の連絡がきた見積額は15~20万円程度で、ディーラーと比較すると10万円以上もの差額がでたのでびっくりです。

そして、車の一括査定サイトは無料で依頼ができるので、あとから一括査定の利用料金の請求やDMなどは一切なく、うちの愛車は今いくらくらいで売れるのだろうという時でも気軽に使うことができます。

管理人がおすすめする確実に高く売れる車査定業者!!


ズバット車買取比較
当サイトからの依頼数No.1の『ズバット車買取比較』
スバットは参加業者が150社以上で、大手から地域密着型の買取店まで幅広く参加しているので、都心から地方の人まで複数見積もりがもらえる一括査定サイトです。管理人が一番おすすめする一括査定サイトです。



ズバットの詳細情報はコチラです 


 

かんたん車査定ガイド
大手のみが参加しているかんたん車査定ガイド!
かんたん車査定ガイドは大手のガリバー・ビックモーターなどだけ参加している、都心部向けの一括査定サイトで地方の人はズバット車買取比較サイトにも申込みをした方がいいと思います。



かんたん車査定ガイドの詳細情報はコチラです 


 

カーセンサー.net
上の2つとカーセンサーに依頼すると最強です!
カーセンサーは、上の2つの一括査定サイトよりは下に位置している感じで、上の2つとここのカーセンサーに依頼すると完璧に一番高い買取業者を見つけることができます。ズバット車買取比較と同じくらいの業者が参加しています。


カーセンサーの詳細情報はコチラです 


デミオの経歴をざっと振り返る

新開発1.5リッタークリーンディーゼルエンジンの搭載や発売間もないにもかかわらず日本カーオブザイヤー受賞など注目を集めている新型マツダ デミオ。日本のコンパクトカーの常識を打ち破ったとまで言われる同車だが、この華々しい経歴は何も今作のみに限らない。ざっと振り返ってまとめてみよう。

まず初代。コンパクトカーでありながらステーションワゴンという小型ミニバンタイプの車として登場したデミオは小さいながらに高い積載性と居住性を持ち、その上でコンパクトカーらしい取り回しの良さが受けて大ヒット、RJCカー・オブ・ザ・イヤー、日本カー・オブ・ザ・イヤー特別賞を受賞する。その売れ行きは当時5チャンネル化の失敗で経営危機に陥っていたマツダの窮地を救ったほどである。
この事からついたあだ名が「マツダの救世主」。

二代目も負けていない。初代のコンセプトを踏襲しつつ質感を高めた二代目は、新開発の専用プラットホームの採用や走りに振ったグレード「スポルト」を設定するなど気合の入ったモデルとなっている。残念ながら主だった受賞暦はないがこれもまた大ヒットしマツダの経営を支えたのだ。

三代目となると若干方向性が変わり、よりとり回しがしやすく、スタイリッシュなコンパクトカーとなった。この代も新開発のプラットフォームを採用した他、マイナーチェンジ時に現在よく聞くようになったあのスカイアクティブテクノロジーをマツダ車で初搭載するなど力を入れていることが分かる。これらのことが評価されたのか、RJCカー・オブ・ザ・イヤー及びワールド・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなどその経歴はいたって華々しい。

この様にマツダ デミオは見た目の大きさとは裏腹に初代から四代目である新型至るまで話題に事欠かない大きな車なのである。